土地活用|岡山市で戸建賃貸・マンション・アパートを建てるなら岸本建設


土地活用

ルネス工法

ルネス工法とは…?

一戸あたりの住空間を広げれば戸数が制限され、一戸あたりのスペースをそのままで居住空間か収納スペースを広げると、どちらかが狭くなります。この課題を解決するために、私たちは梁を天井ではなく床に設置する逆梁工法を、さらに発展させたルネス工法を開発しました。

逆梁工法

梁を天井ではなく床下に設置し、床を多くの「束」で支える構造。
住空間・採光性・メンテナンスなど様々な点でメリットがあるが、束があるため床下空間を活用できず、さらにその束を通じて階下に音が響きやすい。建設コストも若干高い。

在来工法

梁が天井にある一般的な工法。
建設コストが低いかわりに、住空間が狭くなる。